IT断捨離はじめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

双極性障害を抱える元インフラエンジニア @megrepper です。

先日、元IT業界勤務で、心を病んで退職したという私とよく似た経歴を持つフォロワーさんとLINE通話をしていた時のこと。

この方とは元同業者ということもあり、心を病みながら働いていた当時の話題で盛り上がることが多いのですが、私が何気なく「働いていた頃は結構勉強熱心でさ。うちにはIT関連の書籍やら、検証機器が今だにたくさん家に置いてあるんだよね」と言ったところ

「仕事が原因で病んだのに、なんでそれ捨てないの?」 という一言が・・。

さらにフォロワーさんはこのように続けました。

「仕事を辞めた後にもルーターとか触ってるよね? それってまだ業界に未練があるってことじゃないの?」「趣味ならともかく、とっくに仕事を辞めているのに、今更IT技術の勉強する必要はもう無いんじゃないの?」

・・確かにおっしゃる通りです。

てなわけで半月ほど前から、「IT断捨離」と称して関連書籍や機器の処分を始めました。

まずは紙の書籍の処分

まずは、紙の書籍類です。古い書籍を含めると、私の実家にはかなりの量の技術書が置いてあります。まずはこれを処分することに決めました。古い書籍は古紙回収に出すとして、新しめの書籍の買取について調べてみると、技術書専門の買取業者が存在することが分かりました。比較的大きな業者さんだと以下のようなものがあるそうです。



電子書籍を処分

次に電子書籍の処分についてです。私の場合電子書籍は全てKindle版で買っていたので、以下の手順で処分します。

  • コンテンツと端末の管理にアクセスします。
  • コンテンツタブで、 表示 のドロップダウンメニューから、削除したい商品のカテゴリーを選択します。
  • 削除したい商品を選択し、削除をクリックします。
  • 確認画面で はい、完全に削除しますをクリックします。

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201252650

検証機器類の処分

さらにさらに、ネットワーク機器やサーバーの買取について調べてみたところ、確かに専門の買取業者は存在するのですが、比較的新しい型番のものが中心でした。ちょっと古めの機器の買取を実施している業者だと以下のようなものがありました。

Twitterプロフィールを変える

最後に、TwitterのプロフィールもIT色が強いものだったので、無難な感じに変更。

とまあこんな感じで「IT断捨離」を進めています。

極論を言ってしまえばこのブログのタイトル「元インフラエンジニア」という看板も下ろすべきなんでしょうけど、こればかりは良いタイトルが思いつかなかったのと、「仕事で病んだ」ことをネタにするブログとしては最適かな・・と、今のところタイトルを変更する予定はありません。

買取の査定額など、結果が出ましたらまた報告したいと思います。

それではまた!

 


ブログランキングに参加しています。クリックにご協力ください。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。