「晴れのこ」に精神疾患体験記を寄稿しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

みなさんこんにちは。双極性障害治療中の @megrepper です。

先日このブログでもお伝えした「のこのこバー」を主催する、まつら @tsuchinokonokoz さんの当事者会プロジェクト「晴れのこ」に、私が双極性障害になるまでの体験記を寄稿したので、「晴れのこ」の紹介も含めてお伝えします。

そもそも「晴れのこ」とは何か

「晴れのこ」とは2018年9月にスタートした、まつら  @tsuchinokonokoz  さんによる精神疾患当事者のためのWeb当事者会プロジェクトです。主な提供サービスとして、情報発信のための「メディア」と、集いのための「オンラインサロン」を持ち、「私と似てるあなたが繋がるサービス」というコンセプトのもとに運営されています。

まつらさんはこれまで、ZOOMビデオチャットを利用した「のこのこバー」(Web当事者会)や、「リアルのこのこバー」(実際に会う当事者会)を主催していましたが、これらのサービスは情報発信媒体を持たなかったため、精神疾患の当事者個人が持つ、貴重な体験談を発信することが難しいという問題がありました。

リアルのこのこバー(精神疾患当事者会)に行ってきた

また、上記のような当事者会は実際に会う時間帯も限られることから、精神疾患当事者が日常的に感じる「孤独」をすべて取り払うことは難しいという問題もありました。このようないくつかの問題点に対応するために生まれたのが「晴れのこ」です。

「晴れのこ」サービスの特徴

「晴れのこ」には精神疾患当事者の孤独をなくすために、以下のようなサービスを運営しています。

オンラインサロン「晴れのこクラブ」

まず一つ目は「晴れのこクラブ」と呼ばれるもので、これはGoogle+を使用したオンラインサロンになります。コンセプトとしては、「学生時代の部室」のような雰囲気を目指しているそうで、さらにはSNSを使用したサロンですから、いつ閲覧してもor書き込んでも構わないわけですし、時間的な制約もありません。まさしく、そこに行けば誰かといつも会えるサービスとなっています。

ライフスタイルページ

二つ目は「ライフスタイルページ」と呼ばれるもので、これは一言でいうと「体験談集」にあたります。精神疾患当事者は、人生において様々な苦労や経験を積んでいることが多く、その体験談は貴重なものです。そこで、体験談をサイトに集約することで、サイトを閲覧した他の当事者が自分と似ている人を見つけてSNS等で繋がることができ、当事者間の輪がさらに広がることを目指しています。

のこのこ加盟店

のこのこ加盟店とは、「晴れのこ」全体のコンセプトである「精神障害者の孤独をこの世からなくす」ことに協力してくれる実店舗をまとめたサービスです。精神疾患当事者が当事者会やオフ会を主催しようとすると、集まるまでの過程もそうですが、実際に集まる場所を探さなくてはなりません。これらに協力してくれる店舗を「のこのこ加盟店」とし、利用者は様々なサービスを受けることができます。



今回協力したのは「ライフスタイルページ」

私が今回協力させていただいたのは、「晴れのこ」のライフスタイルページです。

私も双極性障害になるまでの間は、幼少期〜少年期に家庭や学校での様々な問題にぶち当たったり、青年期は「うつ」の悪化による自殺未遂や入院などを経験したり、また社会人になってからは、急な仕事量の変化で双極性障害と診断されたり・・と様々な苦労がありました。

今回はその一端を発信することで、なにか皆さんのためになることはないかと考えました。

【私のライフスタイルページ(体験談)はこちらからどうぞ】

「人生、山あり谷だらけ」by megrepper

是非ご一読いただければ幸いです。

【晴れのこ 公式ページ】https://harenoko.com/
【晴れのこ 公式Twitter】https://twitter.com/harenokonoko/

さいごに

今年に入ってからTwitterの双極性障害当事者を中心に、実際に会う当事者会やWeb当事者会などの活性化が進んでいます。特にWeb当事者会については、既存の優秀なサービスを利用する形で、時間や物理的な距離を気にせずに利用できる画期的なものだと思います。

こうした当事者会がさらに広まることを、今後も期待したいものです。
また、近いうちにこのブログでも代表的な当事者会についてまとめたいと思います!

それではまた!

 


ブログランキングに参加しています。クリックにご協力ください。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。