Facebookを辞めたすぎるので愚痴ってみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

双極性障害II型で相変わらずうつ気味な @megrepper です。

みなさんはSNS疲れという言葉を知っていますか? FacebookやInstagram、Twitterなどで繋がっている友だちの投稿を見て、自分が他人にどう思われているのかを想像したり他人と比較すること、または本来なら繋がりたくない相手と繋がってしまい、SNSの利用に義務感を覚えてしまうことなどから起こる心理的負担のことで、思い当たる節のある方も多いはず。

かくいう私もmixiから始まり、大学時代はFacebook、現在はLINEとTwitterなどなど、いくつかのSNSを渡り歩いて来ているのですが、最近特にFacebook疲れがひどいです。というのもFacebookのこういう通知にいつもメンタルをえぐられるわけでして・・。

Facebookってなんでいつもこうなんでしょうね。

元々私は、大学時代の同級生との連絡用にFacebookを始めたのですが、大学を卒業してからというもののその頃の友人たちとはかなり疎遠になり、Facebookは誕生日の通知が来た時や、いいねリクエストが来た時、メッセンジャーが届いた時くらいしか開かないのですが、たまにしかTLを開かないのにいつもこの手の投稿が並んでいて閉口してしまいます。

・・というかむしろFacebook辞めたい。

なんというか友人との社会階層の違いを思いっきり見せつけられた感じです。

学生時代は机を並べて同じ生活を営んでいたのに・・。



私自身も「年齢にふさわしい」人生ステータスを手に入れていればそこまで嫉妬してしまうことはないのですが、精神を病み仕事を辞めて社会からドロップアウトし、今やほとんど引きこもりニートのような生活を送っている身としては、「自分の現実」を突きつけられる感がしてとても辛いのです。

さらに、Facebookの「言いたいことが言えない感が」ときたら・・。

まあ、そもそもFacebookの原点を辿ると、アメリカの超有名大学に通う学生限定のSNSがルーツなので、リア充投稿を推奨する風潮は仕方がないのですが、Twitterとは明らかに違う空気が流れているような気がします。

これは持論なのですが、SNSなんてものは「何を食べた」「何処へ行った」「こんなこと考えてる」くらいのどーでもいい投稿をするくらいの距離感が、ちょうど良いと思うんです。意識高い&幸せ自慢な一般人の投稿ほどつまらないものはないです。

というわけで、どうでもいい日常を吐露するならやっぱりTwitterです。

・・Twitter最高!!

 


ブログランキングに参加しています。クリックにご協力ください。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。